だから私はQiitaに投稿しない。

最近のQiitaの記事の質が下がってきている事への考察 – Qiita
これ読んでいろいろ思うことがあったのでポエム。

メールで問い合わせ受けたときに何回か「この記事Qiitaに投稿してほしかった(Qiitaに投稿してくれたらもっと早く見つけられた)」と言われたことがあるんですが、私は多分Qiitaには行かないと思います。

ポエムとかJAVAの人の記事は論外として、何かしら記事書いても「質の高い記事を投稿しろ」って言われてしまうなら、じゃあQiitaには投稿しないわ、ってなっちゃう。
今までQiitaに投稿された色々な記事に助けられてきたけど、私の書く記事がそうなれるかって言ったらなれないんですよね。多分。

Qiitaって技術ブログのInstagramみたいだとずっと感じてて、見る分にはほんとに楽しいしすごいなぁって思うんですが、私は投稿するのきついです。
意識高い人やいけてる人がめっちゃキラキラした写真を投稿するように、いけてるベンチャーの人やバリバリのフリーランスの人やレベルの高いエンジニアがレベルの高い記事を投稿するのがQiitaで、Qiitaには質の高いものばっかりなきゃいけない、みたいな感じになってる気がします。(でもそれってほんとにQiitaと、Qiitaを見に来る人にとっていいことなんですかね?)
「質の高い記事だけ探して読むわ」って人が集まるんじゃなくて「質の高い記事だけ投稿しろ」っていう人が集まってるところに記事投稿しても自分が悲しくなるだけだなぁって。

ポエムも書きたいし自分の好きな言語だけで好きなものだけ作りたいので、私はこのブログでいいです。

コメントを残す

お手数ですが半角数字で計算結果を入力してください。 *