LWP::UserAgentでイカリング(ニンテンドーネットワーク)の認証を突破する。

イカリングまでの認証をWWW::Mechanizeでやっていたのですが、ページ構成変わった時に対応できないよなーと思ったので、LWP::UserAgentで認証が突破できるようにしました。
参考にしたのは以下のサイトです。
<mini> Miiverse が楽しすぎて… – モノトーンの伝説日記
セッション管理をcookieでやってるようですが、ヘッダにトークンを指定してアクセスとかそういうのはできないものでしょうか。MiiverseもそうだけどAPI公開してくれると楽しいのになぁ。

手順としては以下のことをやっています。

  1. ログイン用のURLにアクセスして認証用のURLを取得
  2. 認証用のURLに認証に必要なパラメータを付与。アクセス。
  3. 返ってきたコールバックURLにアクセス

セッション管理をcookieでやっているので、cookie_jarを設定してクッキーをぱくぱくもぐもぐできるようにしています。クッキー容器っていう名称いいですね。

#!/usr/bin/perl

use warnings;
use strict;
 
use LWP::UserAgent;

my $ua = LWP::UserAgent->new;
$ua->cookie_jar({file =>"cookie.txt", autosave=>1});

my $res = $ua->post("https://splatoon.nintendo.net/users/auth/nintendo");
# 認証用のURLとパラメータを取得
my $location = $res->header("location");

# 認証に必要なパラメータの組み立て
my $dummy_url = URI->new;
$dummy_url->query_form(
"nintendo_authenticate" => "",
"nintendo_authorize" => "",
"scope" => "",
"lang" => "ja-JP" ,
"username" => "ニンテンドーネットワークのid",
"password" => "ニンテンドーネットワークのパスワード"
);

# 認証用のURLにパラメータをくっつける
my $url = URI->new($location.$dummy_url->query);
# 認証用URLにアクセスしてコールバックURLを取得
my $res_auth = $ua->post($url);
my $location_auth = $res_auth->header("location");

# コールバックURLにアクセス
$ua->get($location_auth);

# 目当てのページにアクセス
my $res_login = $ua->get("https://splatoon.nintendo.net/ranking");
print $res_login->content;

コメントを残す

お手数ですが半角数字で計算結果を入力してください。 *