グローバルIPの8080ポートにアクセスするとルータの設定画面が見える。

私の使っているルータは、192.168.0.1(=ルータのアドレス)の80ポートにアクセスすると、ルータの設定画面が見えるタイプです。
IPマスカレードで、80と443ポートはRaspberry Piにアクセスされるようにしています。が、操作を間違って自分のグローバルIPの8080ポートにアクセスしてみたら、なぜかルータの設定画面が出てきて死ぬほどビビりました。8080ポートなんて設定のどこにも出てないんですがこれは。ためしにルータの8080ポートにアクセスしましたがrefuseされるし謎です。

調べてみたら以下のケースがぴったり当てはまりました。
グローバルIPでルータの設定画面が開いてしまう – .自宅サーバを公開している… – Yahoo!知恵袋
グローバルIPアドレスについて – その他(インターネット接続) 締切済 | 教えて!goo

WAN側のIPアドレス(グローバル)にLAN内からアクセスすると
ルータがちゃんとIPマスカレードを行わないで自分自身のそのポートを
返してしまう場合があります。

使っているルータの仕様のページに詳しいことが書いてなかったのでなんともですが、少なくとも発生している事象に関してはこの挙動に当てはまります。

LAN内からWAN側のIPアドレスの8080ポートにアクセスすると、ルータ自身の8080ポートにアクセスすることになるんですね。試しにLAN外の環境からIPアドレス:8080にアクセスすると、想定通りrefuseされました。

ルータの設定アプリはルータ自身の8080ポート(外からアクセス不可)で動いていて、80ポート(外からアクセス可)にアクセスすると設定アプリが見えるということですね。リバースプロキシ処理は自前でやってるんでしょうか。
ためしに22とかそれっぽそうなポートにアクセスしてみましたが、全部動いてないみたいでした。残念です。(何が)

将来8080ポート開けたときはLAN外から動作確認しないといけないですね。困った困った。

コメントを残す

お手数ですが半角数字で計算結果を入力してください。 *