OpenShift OnlineからphpのHello Worldアプリを動かす。

AWSの無料枠だといっぱいいっぱいになってきたので、HerokuかOpenShift Onlineを使ってみようといろいろ調べてたら、以下の記事を見つけたのでOpenShift Onlineを使ってみることにしました。
OpenShift Online を利用して静的サイトのホスティング | FAIRWAY Engineer {Blog}

サインアップ

サインアップは以下のURLから。
Create an account | OpenShift Online by Red Hat

アプリケーションの登録

幅広く導入できるようになってるんですね。すごい。Perlがあってよかったです。(白目)
PHP5.4を選択して、特に変更する理由がなかったのでアプリケーションの設定は全部無料枠のデフォルトにしました。

いろんなアプリ

いろんなアプリ


アプリケーションを作ると親切にも公開鍵を登録するためのフォームが出てきます。(私はSettingsから登録しました。)

設定画面

設定画面


至極わかりやすいですね。

gitでアプリケーションのデプロイ

git pushでアプリケーションのデプロイを行うのですが、gitのURLが見つけられなくて5分位探しまわってました。

ここにURLがある

ここにURLがある


横にあるのかよ!と思いました。

あとはドキュメントにあるように、git cloneからのpushでデプロイ完了です。
Modifying Applications | OpenShift Developers
今回はindex.htmlと、Hello Worldだけechoするtest.phpをpushしました。

デプロイ結果

デプロイ結果は以下。
http://php-retrorocket.rhcloud.com/
http://php-retrorocket.rhcloud.com/test.php
Webサーバ何かなぁと思ったのですが、レスポンスヘッダ見るとApacheみたいですね。

HTTP/1.1 304 Not Modified
Date: Wed, 25 May 2016 12:08:23 GMT
Server: Apache/2.2.15 (Red Hat)
Connection: Keep-Alive
Keep-Alive: timeout=15, max=99
ETag: "106ae693-b-533a94fb058c0"

無料で何か動かしてみるにはすごくちょうどいいと思いました。今回はお手軽さ優先でphpでしたが、次はPerl 5.10を導入してMojolicious(::Lite)動かしてみようと思います。
Arukasが正式リリースされた時に無料枠がないならOpenshift onlineを使い続けるかも。

追記

Do-It-Yourself 0.1カートリッジでMojolicious動かすところまで行けたので満足しました。→http://mojolicious-retrorocket.rhcloud.com/
hypnotoadだと権限不足で動かなくてplackup使ったのですが、頑張ったらhypnotoad動かせるのかな…。Can’t create listen socketなのでよくわからないですね。
elasticsearchとkibanaとfluentd動かしてみたいのですが、そこまでするならIaaSじゃないと無理かな…。