WebARENA Indigoの新インスタンスのネットワークが遅い。

【2021.4.23更新】Indigo Linux版インスタンスの在庫追加 | 公式 WebARENA(ウェブアリーナ) | レンタルサーバー,VPS,クラウド,メールサーバー, 専用サーバー,データセンター
WebARENA Indigoで新インスタンスが作成できるようになったので、このサーバーをCentOS 8 StreamからUbuntu 20.04に移行したのですが、安かろう悪かろうで許される一線を超えるレベルでネットワークが遅いため公開を断念しました。
3台払い出して、116.80.45.0/24, 116.80.46.0/24のIPが振られたのですが、全部遅かったです。
具体的な症状を以下に挙げておきます。

  • sshで接続して、コマンドを1文字打つたびに体感0.5~1秒待たされる
  • コマンド入力で応答がなくなったと思ったらネットワークが切断されてる
  • タイミングによってはgoogle.comに25回pingを飛ばして16%パケロスする

    • タイミングによってはrttのaveが100msを超える
  • upico, listのコールバックURLがタイムアウトする

WebARENA Indigoの悪口については無限に言える自信があるのですが、安いしある程度仕方ないと思っています。ただ、今回はあまりにひどすぎて使いものにならないため初めてサポートに苦情を送りました。Meta Trader4とかECサイトの購入用Bot動かしてるユーザーとかガバガバのプロキシ立ててるユーザー根こそぎBANしてほしいのですが、どうにかならないんですかねこれ…。まともなサービスが提供できないなら価格を上げるか、利用用途を絞ってほしいです。VPSクラウドのほうがマシまである。

一応、応答が早い(それでも他のVPSに比べて遅い)時間帯を使って今使っているCentOS 8 Streamサーバーから移行できたのですが、遅すぎて公開できないので、とりあえず電源を切ってサポートからの返答を待っています。もっと有意義なことに時間を使えばよかったですね…。