Mojolicious::Liteでレスポンスヘッダを追加する。

Mojolicious::Liteでお好みのレスポンスヘッダをつけてrenderしたい場合の書き方。完全に忘れていたのでメモからひっぱりだしました。

get '/' => sub {
  my $self = shift;
  $self->res->code(200); #レスポンスのステータスコード
  $self->res->headers->header("Nyanco-Header" => "nyanconyan"); #Nyanco-Headerの値にnyanconyanを設定
  return $self->render(json =>{"a" => "b"});
}

ちなみにnginxでリバースプロキシしている場合、レスポンスヘッダのサイズが大きすぎると「upstream sent too big header while reading response header from upstream」を返してきます。大きなレスポンスを返す予定の場合、proxy_buffer_sizeあたりの設定を見なおしたほうがいいかもしれませんね。

以下Mojoliciousのドキュメント。
Mojo::Message::Response – HTTP response

コメントを残す

お手数ですが半角数字で計算結果を入力してください。 *