CentOS 7でmongoDB 3.0のWarningを回避する。

CentOS 7環境でmongoを3.0系にアップグレードしたらWarningが出まくってたのですが、時間なくてしばらく放置してたのを回避することにしました。

** WARNING: /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/enabled is 'always'.
**        We suggest setting it to 'never'
** WARNING: /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/defrag is 'always'.
**        We suggest setting it to 'never'
** WARNING: Readahead for /var/lib/mongo is set to 4096KB
**          We suggest setting it to 256KB (512 sectors) or less
**          http://dochub.mongodb.org/core/readahead
** WARNING: soft rlimits too low. rlimits set to 4096 processes, 64000 files. Number of processes should be at least 32000 : 0.5 times number of files.

hugepageとsoft rlimitsのエラーについては下記を参照しました。
困った何かメモ |mongoDB 3.0.2 mongo shellのWARNINGを回避する
…echo never > /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/enabled…については、mongoのサービス起動コマンドをrc.localに書きたくないので、/etc/init.d/mongodのstart()関数を直接いじりました。
soft rlimitsについては公式ドキュメントそのまんま、/etc/security/limits.d/99-mongodb-nproc.confを新規作成しました。

Readaheadのエラーについては下記を参照しました。
centos – Readahead for /var/lib/mongo is set to 4096KB – Server Fault
$df -hでファイルシステムとマウントポイントを調べて$sudo blockdev –setra 256 ファイルシステム を実行します。

最後にmongodを再起動。
$sudo systemctl daemon-reload
$sudo systemctl restart mongod.service

無事Warningが消えました。

コメントを残す