Right-Click to CalendarのOAuth2認証系をchrome.identity APIで修正。

Right-Click to Calendar – Chrome ウェブストア

User Authentication – Google Chrome
chrome.identity – Google Chrome
修正しました。Chromeのバージョンが29のときから使えたんですね。うかつでした。
注意点としては、Google APIs Consoleで、アプリケーションをChromeアプリケーションで登録しないと認証が通らないことくらいでしょうか。
Google Drive使用のサンプルがわけわかんなかったのでどうしたもんかと思ったんですが、API自体はそんなに使い方難しくなかったのでよかったです。
(サンプル書こうかと思ったけど完全にドキュメントと同じなので割愛)
identity.removeCachedAuthTokenはカレンダーAPI使用時に401が返ってきた時に呼ぶようにしています。(認証は再度ユーザに実施してもらう)

外部のライブラリに頼らなくて済むようになったのでよかったです。

コメントを残す

お手数ですが半角数字で計算結果を入力してください。 *