pecoのクエリ画面でカーソルキーが使えない時の対処法みたいなもの。

タイトルそのままです。TeraTerm以外のターミナルソフトから、pecoのクエリ画面で↑⇣←→(&マウスホイール)を入力した場合、クエリが”OA”,”OB”,”OC”,”OD”(正確には”M-O,A”,”M-O,B”…)で認識されて使い物にならなかったため、キーマップをいじりました。どうにもカーソルキーのシークエンスがぶつ切りで認識されてしまうようです。
二本指打法なので、Ctrl+P/Nを使えという意見は受け付けません。

~/.peco/config.json

{
  "Keymap": {
        "M-O,C":"peco.ScrollPageDown",
        "M-O,D":"peco.ScrollPageUp",
        "M-O,A":"peco.SelectUp",
        "M-O,B":"peco.SelectDown"
        }
}

これでカーソルキーとマウスホイールぐりぐりが使えるようになりました。
下記の設定と合わせるととても便利になります。(とくにマウス持ったままCtrl+Rがつかえるのが自分のスタイルに合ってるので感動しました。)
開発がドチャクソ便利になるpecoの設定4つ – 文字っぽいの。

使用しているターミナルの環境によってはキーマップも変わってくるかもしれないですね。
ちなみにデフォルトのキーマップは下記です。
peco/peco · GitHub
vimみたいにキーコードのタイムアウト時間を変える方法があればなぁと思います。

Ubuntu 12.04 LTSでApacheからnginxに乗り換える。

年の瀬に研究室にきたので、研究室に残してたブルーノちゃん(サーバの名前)のWebサーバをApache2からnginxに移行してみました。
まずはApache2のアンインストールです。
SE'S BOOK: Debian 完全にApache2をアンインストールし、再インストールする

つぎにWordPress用の設定。
VPS(Ubuntu 12.04)でWordPress環境(しかもnginx)を構築する。 | The intersection
上記サイトの設定をApacheからの引き継ぎで直したら無事動きました。

コマンド等は以下のブログがまとまっていてわかりやすかったです。
Ubuntu Server×Nginx本体の設定 | ID-Blogger

ググっただけで何もしてないし、php-fpmの設定とかあまりに簡単で拍子抜けしました。Raspberry PiでPerlとかも試してよさげならDTIのVPSもこっちに移行しちゃうかもしれません。nginx側でApacheからの移行が簡単にできるようになってるのもポイント高いですね。

それではよいお年を!

サーバのディスク使用量が上限達成してた件。

DTIのVPSからスクリプト打ったら結果が出力されないので、syslogを見てみたら22日の21時頃からログが綺麗に記録されてませんでした。
いやなよかんがしたので、df -hで調べてみたら、完全にディスクの使用上限(50GB)を使い切っててファッ!?ってなりました。
(ServersMan@VPSなら /dev/simfs )

メールボムでも食らったかと思ったのですがそうでもなさそうだし原因が見当がつかなかったので、以下の方法でどこが問題なのか調べてみることにしました。
linuxでディスクがフルになったときの調査方法 du df – Qiita [キータ]
/var/logが50GB使ってるというアホみたいな数字が出てきたので、中身を見てみたらxconsole.logが50GBまで膨れ上がってました。
sendmail-binが1秒毎に延々エラーを起こしてたようなのですが、どうもcrontabの実行結果がfaultだったのでメールを送ろうとしたらそれがコケて、そのコケたのをどうにかしようとしてたらしいです。
sendmail側の設定を弄ったら解消出来ました。よかったよかった。

おかげでupicoとメールフォームは完全に使えなかったようです。ご迷惑をおかけしました。
これを機会にlog系統の設定をちゃんと見直そうと思います。

ちなみに21時頃は秋葉原で買い物したりゲーセンでグルコースしたりナツゲーさんにちょっとだけおじゃましたりしてました。
帰ってきたのが23時位でサーバ異常に気づいたのが24時、復旧が24時50分だったので、復旧に1時間弱かかったことになります。もうちょっと早く解決したかったですね。

あと、裏塔劇はシューティング技能検定を開幕から1時間ほど観戦してましたが、安置があったり押し出して相手を殺してたり見ててすごい楽しかったし熱かったです。
なぜか宇宙大作戦チョコベーダーの時と同じ雰囲気を感じました。

RubyとかCSVまわりで色々詰んだのでメモ.

借りたVPSのRubyでCSV処理したら改行が認識されてなくて意味不明なことになってたりおかしかったので,Rubyのバージョン確認したら1.8.7でした.これはいかんということでrvmを導入しようとしたのですが,コンパイルの段階で応答がなくなったため,あきらめて1.9系にアップデートすることにしました.
以下のページを参考にしました.

sudo apt-get -yV install ruby1.9.1-full
sudo apt-get -yV install rubygems

sudo gem install rubygems-update
sudo gem1.9.1 install rubygems-update
sudo /var/lib/gems/1.8/bin/update_rubygems
sudo /var/lib/gems/1.9.1/bin/update_rubygems
sudo gem update
sudo gem1.9.1 update

#update-alternativesでバージョン切り替え
sudo update-alternatives –install /usr/bin/ruby ruby /usr/bin/ruby1.8 0
sudo update-alternatives –install /usr/bin/ruby ruby /usr/bin/ruby1.9.1 1
sudo update-alternatives –config ruby

いざ
CSV.foreach(“hoge.csv”, ‘r’) do |row|…end
を実行してみたら,
/usr/lib/ruby/1.9.1/csv.rb:1198:in `delete’: can’t convert Symbol into String (TypeError)
とかいわれました.オプション全消ししたら動いたので,先輩にきいてみたら「1.9系からはoptionはHashになりました」とのこと.

Google先生にきいて一番上にあったページは事故の元だから上記を参照しろとのことでした.おかげで半日以上潰れましたがなんとか解決してよかったです.