RTX1200をCATVで使う。

RTX1100をCATVで使う。 – return $lock;で「RTX1200かRTX810の安いやつが手に入ったら使いたい」と書いたのですが、RTX1200を譲っていただきました。うれしいです。ありがとうございます。(NETGEAR JGS524もいただきましたが、こちらはどう使うか考え中です。) LAN2をWAN(ケーブルモデムに接続)、LAN1をLANで使用することにします。 …

続きを読む

CompletableFutureのFutureはデザインパターンの名前。

自分の無知を恥じて省みるための記事なので有益ではないです。結論から言うと、「デザインパターンそのものは知らなくても、そのパターンが基になって実装された機能がある」という当たり前のことを、頭の片隅においておこうね、という自分向けの記事です。 (今はよっぽどのことがないとJavaでマルチスレッドプログラミングなんてしないですが、)Java 8でマルチスレッド処理というとCompletableFutur …

続きを読む

このブログをWordPressからGridsomeに移行しました。

このブログをWordPressからGridsomeに移行しました。最初Gatsbyに移行する予定だったのですが、ReactよりもVueを書きたかったので、Vueに詳しい方にGatsbyのVue版がないか聞いたところ、Gridsomeを紹介していただきました。ありがとうございます。 Gatsbyのほうが機能が多いし安定してはいるのですが、私のブログぐらいであればGridsomeでも問題なくビルドでき …

続きを読む

1年前に作ったGitHubで名前にエイリアスを設定するやつを公開しました。

GitHubでアカウント名を別の名前で表示できるChrome拡張を作った。 – return $lock;で作って1年放置していたChrome拡張をストアに登録しました。審査早かったです。 GitHubで名前にエイリアスを設定するやつ – Chrome ウェブストア 昨日何となくMOONGIFTさんのGoogle Chrome拡張機能の紹介を眺めていたら、自分の作った拡張が紹介されてい …

続きを読む

Google Calendar API v3でMeetのURLを発行する。

Right-Click-to-Calendar v3.9.2をリリースしました。 Right-Click to Calendar – Chrome ウェブストア カレンダーに登録したときにMeetsのURLも発行してほしいと要望がきたので対応しました。カレンダーのAPIでMeetのURLが発行できるのを今回初めて知りました。Meet無料でも使えるのはありがたいですね。 Events: …

続きを読む